ヒーリングスペースニュース

タナカ先生に聞くU

神様はいるの?
2019年4月号


過去のヒーリングスペースニュース
 
2019年
「神様はいるの?」 2019年4月   「整体の極致」 2019年3月
「なるようになる」   「思いやりの念力」 2019年1月
2018年
「果報は寝て待て」 2018年12月   「免疫力が働かないのは」 2018年11月
「あなたのオーラで運命が決まる」 2018年10月   「あたしゃどこも悪くなか」 2018年9月
「いらぬ心配するんじゃないよ」 2018年8月   「あなたの業を消しましょう」 2018年7月
「ものの考え方」 2018年6月   「虫のいいお願い」 2018年5月
「先生は他の人とは違う」 2018年4月   「恩恵を受ける」 2018年3月
「免疫力の話」 2018年2月   「年はとっても」 2018年1月
2017年
「身近なトピックス」 2017年12月   「永遠のテーマ」 2017年11月
「観音様に聞いてみよう」 2017年10月   「何を食べたらいいですか?」 2017年9月
「分かっちゃいるけど」 2017年8月   「あなたも癌になっている!」 2017年7月
「当然大災害は起きる!」 2017年6月   「先生は出家した」 2017年5月
「自力本願+α」 2017年4月   「奇跡は二度起きない」 2017年3月
「これは面白い」 2017年2月   「虫がよすぎる人達」 2017年1月
2016年
「安かれ」 2016年12月   「お願い事をしてみたら?」 2016年11月

「君の名は?」

2016年10月   「お金より体が大事」 2016年9月
「風邪に効く薬があるか?」 2016年8月   「何とか水を飲んで健康になれるか」 2016年7月

「地球の磁場と人体の磁場」

2016年6月   「むっとさせる症候群」

2016年5月

「先生が考え出したもの」 2016年4月   「万病の原因は?」

2016年3月

「先生の念力は誰にも分からない」 2016年2月   「私には7色の天使がいる」

2016年1月

2015年
「態度が大事」

2015年12月

  「真実を見る目を持ちなさい」

2015年11月

「先生を怒らせると」

2015年10月

  「体が硬いということは」

2015年9月

「久留米のパワースポット?」

2015年8月

  「先生は神がかり?」

2015年7月

「待ってました!ふくろう地蔵」 2015年6月   「悪くなる仕組み」 2015年5月
「あなたは何に祈るの?」

2015年4月

  「左手の観音様」 2015年3月

「気持ち良い方向へ」

2015年2月   「念力の楽しい使い方」 2015年1月
2014年
「誰と話しているの?」 2014年12月   「念力は自律神経に作用する?」 2014年11月
「あなたは治りたいですか?」 2014年10月   「ベティエンジェルと唱えれば」 2014年9月
「ミュータントの卵」

2014年8月

  「ベティ現る」

2014年7月

「まごころをこめた念力は効く」 2014年6月   「膝裏のゴリは諸悪の根源だ」 2014年5月
「貴女も若返りますか?」 2014年4月   「幸せになる、成功するには」 2014年3月
「エスパータナカ?」 2014年2月   「黙って脚振ればピタリと分かる」 2014年1月
2013年
「観音堂に合わない人」 2013年12月   「治るか罰が当たるか、態度で決まる!」 2013年11月
「念力を感じられる人は少ない」 2013年10月   「念力?昔弘法大師、今観音堂」 2013年9月
「先生お願いしますでしょ」 2013年8月   「念力は私の想念が相手に反映すること」 2013年7月
「やはり先生は魔法使いだ!」 2013年6月   「念力とは何か?貴方も受けたらすぐ分かる」 2013年5月
「仏様の額から出るパワーが念力」 2013年4月   「温故知新、先人の知恵を検証して新発見をすること」 2013年3月
「うしろの百太郎?いえいえ、うしろの観音堂です」

2013年2月

  「先生の念力はかめはめ波と同じだ」 2013年1月
2012年
「生体感知システムは応用無限」 2012年12月   「念力は如何にして体に作用するか」 2012年11月
「観音堂先生は念力使いだ」 2012年10月   「観音堂先生は魔法使い」 2012年9月
「観音様を着けてあげよう」 2012年8月   「若返りの泉U」 2012年7月
「若返りの泉とは」 2012年6月   「この感知システムは凄すぎ」 2012年5月
「腎のエネルギーが私の念力だ」 2012年4月   「100人に1人が理解できるもの」 2012年3月
「天使と悪魔は同じもの」 2012年2月   「ワンツースリーの観音堂先生!」 2012年1月
2011年
「念力は相手の脳に情報を送る」

2011年12月

  「生命エネルギーは電池に似ている」 2011年11月
「今まで本当の念力を見た人はいない」 2011年10月   「貴方達が信じるもの」 2011年9月

「タナカ先生の念力写真」

2011年8月   「先生は普通の人間ではない」 2011年7月
「らくだが針の穴を通るか」 2011年6月   「先生のタッチでロックは解除される」

2011年5月

「悟りを得るには?」 2011年4月   「生体エネルギーとは気のことですか?」

2011年3月

「念力を科学的に考えてみよう」 2011年2月   「念力は千年以上前の先人も使えた」

2011年1月

2010年
「こんなに面白いものはない」 2010年12月   「痛みや病気の原因」

2010年11月

「シャロームは癒しの言霊」 2010年10月   「超能力と観音堂念力の違い」

2010年9月

「肉体は脳情報に支配されている」

2010年8月

  「全体を治す太極療法」

2010年7月

「誰に聞いてあるのですか?」 2010年6月   「分身の効果の秘密」

2010年5月

「えっ!先生の写真が効くの?」 2010年4月   「念力で生体エネルギーをコントロールできる」 2010年3月
「アウムはすべての扉を開く」 2010年2月   「テレキネシスの発見」

2010年1月

2009年
「先生の念力はテレキネシス」 2009年12月   「うしろの観音様」

2009年11月

「観音様のお陰で」 2009年10月   「夢の世界の治療」 2009年9月
「奇跡的治癒が起きる時」 2009年8月   「本当の念力は存在した!」 2009年7月

「観音堂の治療風景」

2009年6月   「膝裏のコリをとる」 2009年5月
「天使の輪っかは本当にある!」 2009年4月   「観音堂先生は仏眼」 2009年3月
「観音様に聞く」 2009年2月   「観音堂先生の菩薩行」 2009年1月
2008年
「観音堂治療の実際」 2008年12月   「貴方を変える思うだけ念」 2008年11月
「ここに若返りの治療があった!」 2008年10月   「足振りダウジングで相手の情報が分かる」 2008年9月
「オーチャッカラは貴方の運命を決める」 2008年8月   「あなたのメインチャクラは?」 2008年7月
「白い天使の3つの輪っか」 2008年6月   「お願いごとの仕方」 2008年5月
「観音堂の治療の秘密」 2008年4月   「本物とニセモノ」 2008年3月
「腰痛を治すのも胃潰瘍を治すのも同じ」 2008年2月   「正直者の頭に神宿る」 2008年1月
2007年
「これは観音さまのお仕事です」 2007年12月   「幽界での治療」 2007年11月
「天国と地獄とは?」 2007年10月   「念力の観音堂」 2007年9月
「釈迦の本当の教えとは」 2007年8月   「念は鍼や気功の最終段階」 2007年7月
「体を支配するもの」 2007年6月   「出張治療開始」 2007年5月

「体が硬くなると」

2007年4月   「変形性膝関節症」 2007年3月
「見る見る聞く」 2007年2月   「ヴォイスヒーリング」 2007年1月
2006年

「なぜ腰痛になるか?」

2006年12月  

「遠隔ガード」

2006年11月
「見守っています 」 2006年10月  

「肩こりも脳の異常」

2006年9月
「夢の中の治療」 2006年8月  

「タナカ先生観音力」

2006年7月

「五十肩について」

2006年6月   「遠隔痩身ヒーリング」 2006年5月
「ファミリー会員?」 2006年4月   「ヒーリングスクール」 2006年3月
「小学生にも分かる」 2006年2月   「それが治せないと」 2006年1月
2005年
「皆が信じるもの」 2005年12月   「タナカ念力」 2005年11月

「信念を持てばいいか?」

2005年10月   「なぜ痛みや病気に?」 2005年9月
「死んだらどうなるの」 2005年8月   「これが本当の念力だ」 2005年7月

「マインドヒーリング」

2005年6月   「治したい人に」 2005年5月
「先生の観音菩薩」 2005年4月   「肉体幽体霊体の治療」 2005年3月
「ありえね〜」 2005年2月   「頸椎ヘルニア」 2005年1月
2004年
「祈念力観音力」 2004年12月   「腎こそすべて」 2004年11月
「タナカ先生7つの能力」 2004年10月   「タナカワールドへ」 2004年9月
「タナカ先生の世界」 2004年8月   「貴女の一番美しい姿」 2004年7月
「ゴールドフィンガー」 2004年6月   「信じぬ者は救われぬ」 2004年5月

「先生配置転換される」

2004年4月  

「操体ヨガの復活祝」

2004年3月
「治療とヨガの関係」 2004年2月   「魔法のヨガ」 2004年1月
2003年
「タナカ観音ヨガ」 2003年12月   「美しくなるヨガ秘法」 2003年11月
「先生はヨガの先生?」 2003年10月   「救われる人々」 2003年9月

「タナカ先生観音堂」

2003年8月   「違いの分かる人々」 2003年7月
「死ぬ程面白い勉強」 2003年6月   「井の中の蛙」 2003年5月
「○ちゃんと共に」 2003年4月   「○ちゃんよう働く」 2003年3月
「クイズ○とは何?」 2003年2月   「若返って奇麗に」 2003年1月
2002年
「品プリでのお仕事」 2002年12月   「東京スクールの奇跡」 2002年11月
「東京スクール開講」 2002年10月   「記憶力より判断力」 2002年9月
「三位一体の治療」 2002年8月   「神様のお仕事」 2002年7月
「ある日の治療風景」 2002年6月   「腰痛治療から」 2002年5月
「どうやって治すの」 2002年4月   「子供の将来の為に」 2002年3月
「貴方も道が開ける」 2002年2月   「皆様に幸運を!」 2002年1月
2001年
「少しは勉強したら」 2001年12月   「何でもござれ」 2001年11月
「頭が病気じゃない」 2001年10月   「秘書の方に秘密を・・・」 2001年9月
「生老病死は解決した」 2001年8月   「タナカ先生の特異能力」 2001年7月
「私がいれば大丈夫」 2001年6月   「先生は魔法使い」 2001年5月
「早く来ればよかった」 2001年4月   「よくなおりましたで集II」 2001年3月
「よくなおりましたで集」 2001年2月   「授けられた力」 2001年1月
2000年
「受けて良かったで集」 2000年12月 「先生は進化する」 2000年11月
「嫌いな人は治せない」 2000年10月   「タナカ先生観音力」 2000年9月
「タナカ先生門戸を開く」 2000年8月   「貴女一生便秘でいる?」 2000年7月
「先生のお仕事」 2000年6月   「鍼より効く指先?」 2000年5月
「先生のフォースを学べ」 2000年3月   「タナカ先生の辛口10連発!」 2000年2月
「私に起きた奇蹟」その2 2000年2月   「私に起きた奇蹟」その1 2000年2月
1999年
「特異能力」 1999年11月   「アトピー」 1999年10月
「マインドパワー」 1999年8月   「小児喘息」 1999年9月
「一回で捻挫が治ると・・・・」 1999年7月   「先生は観音力?」 1999年6月
「神も仏もあるものよ」 1999年5月   「難病の人々に告ぐ」 1999年4月
「弱い貴男のバイアグラ」 1999年3月   「最初の超念力!」 1999年2月
「ヒーリングとは」 1999年1月  

 

 
1998年
「最大最悪の病は無知」 1998年12月   「これが遠隔治療だ」 1998年11月
「サイキックヒーラー」 1998年10月   「癒しの手」 1998年9月
「蜘蛛の糸」 1998年8月   「アホにつける薬」 1998年7月
「病気は自己表現だ」 1998年6月   「ヨガは楽しいゾ!」 1998年5月
「この世の楽園」 1998年4月   「暗証番号」 1998年3月
「運命開花」 1998年2月   「先生お願いしますの心」 1998年1月
1997年
「奇蹟のオンパレード」 1997年12月   「気の贈り物」 1997年11月
「ワン・ツウ・スリー」 1997年10月   「ハイパワーリモコン」 1997年9月
「子供の病気はすぐ治る」 1997年8月   「念力ヒーリング」 1997年7月
「ヒーラー  タクオタナカ」 1997年6月   「ガンの原因?」 1997年5月
「態度が大事」 1997年4月   「先生のルーツ」 1997年3月
「何回で治りますか?」 1997年2月   「不思議な治療」 1997年1月
1996年
「サリーちゃんのパパ」 1996年12月   「タナカ先生は傲慢か?」 1996年11月
「知らねば一生治らない」 1996年10月   「腎の話」 1996年9月
「まれにみる話」 1996年8月   「癒しの能力と科学について」 1996年7月
「アトピー喘息花粉症と胸椎」 1996年6月      



<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。