Healing Space News

『受けて良かったで集』2000年12月分

記者 タナカ先生の治療所は病院で治らない人が来る所ですが、今年始められた健康学スクールに14人も集まり大人気ですね。
先生 では、その受講生3人の声を紹介する。最近流行の医療ミスに会わずにすむ知恵を学ぶ人達だ!
  野田さん 29才 主婦
  「子供はまだか」というセクハラに負け、8年勤めた会社を辞めた私・・・。先生の事はこの連載で知っていたが恐そうなので数ヶ月行くのを迷った。ホルモン注射は副作用が恐いので自然妊娠を望み、タナカ先生にお願いした。通い始めて5ヶ月で妊娠できた息子は今3才に。不妊治療で行ったのについでにアトピーも治ってしまった。先生の治療方針に共感し、今はスクールで猛勉強中。生理痛も薬を飲まなくても自分で治せるので安上がりです。
  坂田さん 33才 主婦
  6才の長男、3才の長女、1才の次女がいます。先生の所で学んだ通りに子供が風邪の時は身柱のツボに、傷や吹き出物は手の三里に温灸を私がします。それで子供達は大体元気に休まず登校登園でき、病院へは歯科及び小児定期検診に行く位ですんでいます。子供がだるそうな時は全身調制点に触れたり(ハンドヒーリング)操体法で膝裏のコリをとります。便秘の時は左脚上げをしたり、咳が出る時はお腹を左手で背中を右手でさすると落ち着きます。自分で治療できないと判断したら即タナカ先生の所へ連れて行きます。例えば、私自身の風邪、突発的なケガ、吹き出物の拡がり等の時です。
  長谷川さん 32才 主婦
  この春から幼稚園に通い始めた4才の息子もお陰様で今年に入って一度も病院に行く事もなく、幼稚園も一日も休まず通っています。今では体調が悪いと自分から温灸をしてと言ってきます。熱が高くなっても一晩頑張ると翌朝はケロっとした顔で幼稚園に出かけていきます。顔にとびひのような物ができた時も、ケガをした時も、抗生剤を飲ませることなくきれいに完治しました。最近は主人に正体術を試みています。腰痛が楽になり体が軽くなると言って喜んでいます。先生からは治療のテクニックだけではなく、なぜ病気になるのかという根本原因や心の問題、治療する人の治してあげたいという心の大切さを教えてもらいました。私自身は先生の治療を受け半年で二人目不妊が治りました。紹介した友人の不妊もすぐ治りました。
記者 3人の話、とても参考になりました。先生から学べば自分達で色々な病気の治療ができると・・・。
先生 殆ど病院に縁がなくなる。必要なのはケガの時の外科と歯科位だ。私のスクール14名の中に外科医、内科医、歯科医、鍼灸整骨医がいるので有難い(笑)私の所へ来たらよいのは病院で治らない人や西洋医学が嫌いでもっと安全に治したい人。
記者 先生は4人も子供さんがお有りですが、全部自分で治療されますか?
先生 だからこそ皆さんのお子様も治療できる。自分の子と同じ様に大事に安全に守ってゆくのだ。
記者 話は変わりますが、先日NHKの番組でカルシウムを摂り過ぎると骨がダメになるという恐ろしい事実を見ましたが・・・。
先生 私が前から言っている様に自然法に反した事をすると罰が当たる(笑)


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。