Healing Space News

『早く来ればよかった』2001年4月分

記者 診療時間を16時までに短縮されたのは何か理由がありますか?
先生 全国からの遠隔治療の申し込みが増え、メールを読み返信し、電話で相談を受けるためだ。
記者 遠隔の依頼は末期癌のご家族から多いとか。
先生 癌から不妊症、恋愛、結婚、浮気、離婚、子育て、不登校、勉強せん子、うつ病、事業成功、合格祈願、交通安全まで。
記者 失礼ですが本当に効くんですか?(笑)
先生 えらい人気やからよう効くんやろうね(大笑)
記者 遠隔をお願いする料金はどの位でしょうか?
先生 何と1ヶ月分税込みで一万円ポッキリ(笑)
記者 安過ぎませんか?
先生 今はテスト期間だ。どの位の確率で有効か、どういう症状、状態に効くか、私の能力をテスト。
記者 治療には技術がありますが、遠隔にもあるのですか?神に祈るとか?
先生 テクニックはない。唯々その人を思い助けてあげようとする。心の力や念力と言える。
記者 先生は一般の東洋医学の治療でも凄い腕なのに、何で遠隔治療みたいなうさん臭いのをされる?
先生 面白い質問だ(笑)治療所でしている私の治療の根源は心の力だ。私の整体の師は言われた。いくら技術がすぐれていてもプラーナ、気が出ていないと効かないと。
記者 気功の気ですね。
先生 そうだ。唯中国気功はパワー主義だ。私はパワーも強いがもっと上級の心の力、慈悲心を使う。弘法の念力、イエスの愛の教えと似ている。
記者 パワーより愛と表現すべきですね。では今回は日常の治療風景を話していただけますか?
先生 昨日の事でいいな。花粉症の人達が何人か、看護婦さんや医師の奥様だ(笑)リウマチの人も。手首と足首がはれてた。
記者 花粉症やリウマチは難病ですが大丈夫ですか。
先生 現代医学や東洋医学では難しいが私の医学では易しい病気だ(笑)
記者 他にはどの様な?
先生 C型肝炎、アルコール性肝炎の人も来てた。
記者 先生の治療はインターフェロンより効くと聞きましたが本当ですか?
先生 それは私が言った事だ(笑)数値はすごく下がるな。自分でも感心。
記者 子供さんの治療は?
先生 アトピー、てんかん、インフルエンザの子が来てた。千葉からも来てた。
記者 てんかんは治るのですか?脳の異常でしょう。
先生 改善する。他に不妊症、つわり、更年期、甲状腺、逆子の人が来てた。顔面神経マヒもいた。
記者 不妊症で先生の所で子供ができた方が今年もう2人出産されたそうで。
先生 不妊の方に言っておく。体外受精は自然の法則に反する。眼を開け。体の調子を良くすればすごく妊娠しやすくなる。
記者 腰痛の方とかは?
先生 来られた。ヘルニアの人、肉離れの人、膝関節炎の人、肘痛の人。
記者 ほんとに色々な病気の人達が来られるのですね。病院と違い子供さんは喜んで来てますね。
先生 私の治療は気持ちいいことしかしないからな。自分で受けたい治療だ。少し前に来られた85才の婦人は手首がはれて来られた。初回治療後帰る途中うそみたいに腰が軽くなり、ああもっと早く来ればよかったと何回も言われた。手首も5回位で軽快。以前からこのコーナーを愛読されてたと。


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。