Healing Space News

ファミリー会員』2006年4月分

記者 電磁波を浴びた時、薬を含め悪い物を食べたり飲んだりした時、悩み苦しむ精神状態の時に体はどの様になりますか?
先生 まず全身の筋肉が一瞬に緊張し防衛拒否体制になる。簡単に言えば筋肉が硬くなる。同時に全身の骨格に歪み捻れが現われ、いや〜な感じ不快感苦痛があり、心身共にストレス状態となる。
記者 ストレスとは精神的なものだけではなく人体の構造が歪み捻れると・・・。
先生 だから歪み捻れ筋肉の緊張、こりを一瞬にとる操法やハンドヒーリングでストレスは解除される。
記者 以前に教わりましたが歪み捻れが続くとギックリ腰やヘルニアになったり、喘息や潰瘍や癌になるのですね。
先生 よく分かっているね。私が操法やハンドヒーリングで歪み捻れを解除して気持ちよく軽い体にしてあげると痛みや病気は治り、また予防にもなるよ。
記者 現代医学や東洋医学には操法やハンドヒーリングはないので第3の医学と言われてますね。
先生 私が治療所開業20年間で一番困っていることが私の治療は誰にも分からないということだ(笑)
記者 先生の所で痛み病気が治った方が是非他の人を紹介したいけど、どんな治療かと聞かれた時に説明のしようがないと(笑)
先生 仕方なく嘘も方便でハンドヒーリングと言っているが本当は額の中心第6チャクラから発する念だ。手で触れる時、操法をする時、温灸をする時、ヨガを指導する時もすべて念を使った念入り(笑)なんだよ。
記者 先生がされるとどこにでもある温灸でも抜群に効きますからね。念入りの温灸なんですね(笑)
先生 私がするからよく効くので自分で温灸をしてもそうそうは効かないね。
記者 念とは念力ですか?
先生 念力とは何か物を動かす様なパワー的イメージがあるが、私の念は相手の脳に対する情報通信指令だ。だから私の思い、イメージ、念が相手を一瞬に変化させる。最近治療の時、患者さんに説明しながら念力を見せているが、皆あっけにとられているよ(笑)
記者 そんなもの生まれてこの方皆見たことも聞いたこともないですよ(笑)
先生 もしかして私が初めて念力を自由に使える特殊能力者かな(笑)
記者 そのようですね。先生は殆ど治療のためにしかその能力を使われないので安心ですけど、これを悪用すると怖いですね。
先生 世界一怖ろしい人になれるだろう(笑)
記者 最近先生が熱心に話されているヒーリングスクールでは念力ができる様に指導されるのですか?
先生 正しい道を歩む人には教える。ヒーリングスクールは15年位しているが卒業生が100名近くなったかな。治療所開業して20年にもなるのでお祝いとしてスクール卒業生にプレゼントを考えた。
記者 何でしょうか?
先生 ファミリー会員という制度を作り、スクールの生徒さんとそのご家族は治療代を1割5部引に!
記者 それは凄いですね。治療代の割引は今までにされたことがなかったでしょう。
先生 初めての割引き(笑)スクールを受けられた方を一生指導していく上で少しでも治療を受けやすくしたのだよ。
記者 経済的に助かります(笑)
先生 これからはヒーリングスクールを中心に活動をしてゆくつもりだ。その下に治療とヨガと遠隔相談治療がある。私の役目は人を正しい道に導くこと。


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。