Healing Space News

肩こりも脳の異常』2006年9月分

記者 肩こりの原因はやはり運動不足でしょうか?
先生 それも一因だろうが私は生体磁場即ち脳波の異常と考える。だからハンドヒーリングで頭と手に10秒触れると楽になる。
記者 確かに先生の指が頭にちょっと触れると頭がかくんと倒れますね。首肩の筋肉が一瞬に緩み・・・。
先生 そう筋肉のこりも脳神経に支配されるので脳に情報を私の指で入力すると即柔らかくなる。
記者 肩こりも脳神経情報の異常とは初耳です。
先生 当然だ。私が言い始めたことだ(笑)。肩こりだけでなく腰痛も頭痛も胃痛も生理痛も同じだ。
記者 もしかして内臓病、癌も脳神経情報の異常?
先生 ようやく分かったね。そう、人に起きることすべて脳神経情報が司る。
記者 肩こりから無限の世界へ話が拡がりましたが、心の問題も同じですか?
先生 貴女の性格も脳情報で決まっている。うつ病等の精神病、認知症やパーキンソン病もそう。結果として臓器や細胞の器質的異常も現れるのだ。
記者 人の心や体の病気、痛みもすべて脳神経情報の状態で決まるのですね。
先生 世間で一般に言う魂とは脳神経情報だよ。だから心の持ちようで少しは体も変化するが、その力は微力だ。私のハンドヒーリングやマインドヒーリング(念)は強力。
記者 脳神経情報のことをもっと知りたいなら、やはり先生のヒーリングスクールで学ばないと無理?
先生 それをお勧めする。9月生募集中(笑)そこで学べば今まで私が話したことを実験で見られるし、誰でも納得する。
記者 このタナカ理論は今までにない画期的なものですが、実際に何回でも再現できるのは科学ですね。
先生 私は実際にその場で変化しないものに興味はない。暗示が認められるものも排除する。私の眼で判断すると今までに現れた超常現象がすべて疑わしい。理論的に説明でき、その場でよくも悪くも変化させることができるハンド&マインドヒーリングは人類が初めてみるものだろう。
記者 私も今までに先生のされている様なことを見たり聞いたりしたことはありません。さて脳神経情報に異常が出る原因について分かり易く説明して下さい。
先生 あらゆるものが影響する。口から入る食物、添加物、農薬。鼻から入る良い臭い嫌な臭い、汚染された空気、花粉、ダニ類、細菌、ウィルス、耳から入るいい音嫌な音、楽しい話、嫌な話、眼から入るよい情報悪い情報。気持ちよく触れられるあるいは触れる。気持ち悪く触れられる、気持ち悪いものに触れる。今までのが五感。第6感とは感がいいとかではなく念のことだ。
記者 念が第6感とはまた新しい先生の説ですね。
先生 第6感を自由に使えるようになった私の状態が7つのチャクラが開いた状態。仏教では悟り。神道では神我一体。俗世間では神がかり(笑)
記者 生活のあらゆるものに反応、影響を受けて人の心身はよくも悪くもなるのですね。
先生 人により少しづつ違うが、6つの感覚から入る情報物質がよくか悪くか影響してゆくのだ。コンピューターの様に二進法でOKかNOで判断分析作用していく。よい情報物質を選び、快適な生活にするための指導が私の役目。上級コースが私の開いているヒーリングスクール。


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。