Healing Space News

なぜ腰痛になるか?』2006年12月分

記者 人は四つ足から二足歩行になったから腰痛が宿命になったとか?
先生 頭で考えるタイプの人はそんな説に感心するだろうが私はしない(笑)
記者 では先生は腰痛の原因をどうお考えですか?
先生 まず脳神経情報の混乱があり、結果として筋肉に異常緊張や弛緩が起き、うまく力が入らなくなる。当然動きがおかしくなり痛み炎症が同時に出現。
記者 それが腰痛ですね。筋肉に問題が起きているのは分かりますが、脳神経の問題とまでは・・・。
先生 体のすべては脳が支配しており、筋肉も。さらに筋肉と内臓は密接な関係がある。腰痛は特に腎膀胱経に弱点がある。
記者 腎膀胱経とは東洋医学でいう腎臓膀胱を中心とするそれに関係するグループのことですね。
先生 そのグループは例えば腰、膝、脚、骨、骨髄、生殖器、腎、副腎、膀胱、耳、のど、髪、脳を含む。
記者 脳も腎のグループですか。初めて知りました。
先生 脳に問題がある、てんかん、パーキンソン病、アルツハイマー、認知症、狂牛病なども腎の異常だ。大きく見れば殆どの病気は脳に問題があるので病気の最大原因は腎の問題と言える。
記者 先ほどの腎のグループで坐骨神経痛やヘルニア、脊柱管狭窄症は治り難いですね。でもよく考えてみると治り難い症状や病気は殆ど腎のグループ?
先生 その通り。それが分かる人は正常な判断力がある!(笑)その人達に教えてあげよう。腎を悪くするものを。まず冷える物。水分を多く含む食物。また水分の取り過ぎ。味で言えば甘い酸っぱい辛い。
記者 玄米黒酢とか果物ですね。水を毎日2リットル飲む健康法も怖いですね〜。
先生 世間ではやっているものはそういうものだ。正しい判断力を持つ人が殆どいなくなったからな。
記者 その正しい判断力を持てるようになりたい人はどうすればいいですか?
先生 そのために私はヒーリングスクールを開講している。そこでは腎のこと、脳のこと、体に悪いこと、物の考え方見方、その人の適性適職、成功失敗の秘訣、何でも学べる(笑)。
記者 もはや以前の健康学スクールではなく人生での成功、幸福、そして自分だけでなく人助けの道へと進む段階になりましたね。
先生 私がこの世で見つけた気づいたことを教えるのがヒーリングスクールだ。そこで学べば自分がなぜ今の体に、運命に、境遇になったか分かるはずだ。そしてそれを知ることでこれからの人生が好転する。
記者 ようく分かりましたが、ここでまた腰痛のことをお話し下さい。
先生 そやね。すぐ話が飛んでしまうのが私の特徴だ(笑)。腰痛は簡単に言えば脳神経情報の異常。それを治すには指先で頭や手にある東洋医学のツボにはない秘密のポイントに10秒触れれば誤情報が排除されて腰は治る。この秘密のポイントは指先で触れなくても私がワントゥスリーと念を送っても効果がある。ハンドヒーリングやマインドヒーリングは脳の情報ソフト系に働きかけるものだ。もう一つの操法は筋肉骨格系の歪み捻れをハード肉体面から矯正する。それで腰痛が楽になれば結果的に脳神経ソフトも改善している。すなわち情報ソフト面からでも肉体ハード面からでも腰痛も他の痛み病気も改善できる。
記者 一般の方が思いもしない世界の話で理解不能と思います。ただ先生がワントゥスリーで治されるのを見たら皆信じますね(笑)


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。