Healing Space News

念力の観音堂』2007年9月分

記者 先生の言われる念力とは一般の方が思っている、精神集中により物体が動いたりするものですか?
先生 そうだが一つ違う。物体が動くのではなく、私が念ずると相手の人体の中で瞬間に凄い変化が起きる。
記者 人体の中でどのような変化が起きるのか具体的に説明して頂けますか?
先生 そこの左膝が痛く左足を突っ張って歩いている人に、私が悪くなるように念じれば、今度は殆ど歩行困難になる。
記者 これはかわいそう。非常にまずいですから、今度は良くなるような念を送ってください。
先生 観音堂の新しい電話番号のように、はい治れ(8170)と念ずれば、さあ今度は随分軽くなったろう。
記者 仰るとおりです。どうして人間である先生がこんなことが出来られるのですか?
先生 30年ヨガと治療の研究を続けた結果、念力の秘密を解明した。生きている人にしか霊魂(念)がないことも発見。
記者 先生がいつも言われる死後の霊魂は存在しないというのはそのことですすね。霊障を扱うのは詐欺師ですか?
先生 死者の霊がないのが分かっていて霊を商売にしている詐欺師もいるし、自分には霊が見える思い込み型もいる。
記者 それでは先生は世の中で日常行われている、葬式、先祖供養とか法事とかは全く否定されるのですか?
先生 葬式も法事も先祖供養も本来生きている人のために行うもの。亡くなった方を思い出し涙するのは美しいことだ。
記者 先生がそう言われて安心しました。各自が自分なりに供養をすればいいのですね。
先生 そうだ。先祖のお陰で貴女はここに存在する。先祖の情報、遺伝子DNA情報設計図通りに60兆の細胞ができ肉体が出来上がった。そしてその働きの一部が精神、心、念、脳である。有り難いことと先祖に感謝しよう。
記者 ということは先祖がどういう生活をしていたかが、遺伝情報として伝わっていて、適性もそこに源があるのですね。
先生 その通り。私の念力の源も4代前の先祖からのものだ。天台宗の僧侶、良俊として活動していた念力の行者だ。
記者 その方のことは以前にも伺いましたがやはり血筋ですね。でも先生は宗教は嫌いなようですが。
先生 本物の宗教が見当たらないので興味がないだけだ。それにこれだけ科学が発達したら昔のままでは通用しない。
記者 先生が何回も言われたように仏教の開祖、釈迦の教えは唯一「正しい知識を持て」です。ということは正しい知識とは科学のことなのですね。当然医学も正しい知識のはずですが、これが安部内閣のようによれよれですからね。
先生 面白い喩えだ。小泉、安部と言うことは立派。改革とは金持ち大企業には得だが、貧乏人庶民はひどい目にあうものだいうことが、皆さん少し分かってきたみたいだ。科学、医学も進歩したが案外100年前の方がよかったかも。
記者 そうですね。自然界で人間と同じ哺乳類に癌で死ぬのはいないのに、人間界では10人中6人は癌になるようでは現代医学は大間違いといわざるを得ません。この10年で小児喘息は2倍に増えたそうですが、みんな小児科にかかっているのですよ。環境汚染はこの10年減ってきているのですから、小児科の治療が間違いとすぐ分かります。
先生 皆様もそのような思考パターンになって欲しいね。大きく見るとすぐおかしいものは分かるようになる。眼科の先生がなぜメガネをかけているか?歯医者さんは歯を磨かないから虫歯になると脅かすが、自然界の動物は誰も歯を磨かないが一本も虫歯はない。もし虫歯予防が完璧になったら歯医者はつぶれる。競馬の予想が当たれば誰も貧しい予想屋をやっていない。1万円の元手で1日で1億稼げるだろう。上がる株が分かれば誰も証券会社の社員なんかしていない。自分で買えば億万長者だろう。死者の霊が存在し、交信できれば殺人事件はすぐ解決。「私はどこそこに埋められています。殺したのは安部さんです」という具合(笑い)
記者 確かにそうですね。これはよくよく物事の裏を見ていかないといけません。そうするためにはどうしたらいいでしょうか?
先生 私の治療を受けその時にお話をよく聞くことだ。黙っていたらもったいない。そして話に興味があり、もっと聞たい学びたいと思った人はスクールを受けたらいい。ものの見方が変わりこの世で不可解なことはなくなる。
記者 先生のヒーリングスクールは治療を学ぶ所ではないのですか?
先生 治療も学ぶが、その前にものごとの道理が分からないと治療はできない。科学的正しい知識を選び、学ぶ方法を身につける。分かり易く言えば本物とにせものの見分け方。現象を統計的に分析し、世の中を見てみる。
例えば塩を制限することで高血圧が改善するか?制限していても高血圧だった人が私の治療でその場で下がるのはなぜか?また私が念ずればその場で上がるのはなぜか?こう念ずれば上がり、こう念ずれば下がるのを見せてあげよう。それを自分でできるのがヨガのマスター即ち悟りを得た人、如来、菩薩だ。
記者 如来、菩薩とは念ずることで人を救うことができる人のことですね。そんな超人になるにはヨガが必要ですか?
先生 ヨガをしないで悟りは開けないだろう。ただみんなが悟りを開き超人になる必要もない。世界中ところどころに超人がいてみんなを助け指導していけばいいのだ。念力というのは眼が開き、正しい知識を持ち、みんなを助けようと思う人が使うものだ。世の中には時々そういう人が現れ不思議を行う。私とこの世で縁があり、苦痛病気から解放された方は幸運だ。私に学び他の人を救う人になる人は一生の楽しみを手に入れる人だ。


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。