Healing Space News

『膝裏のコリをとる』2009年5月分

記者 先生が治療師になられるきっかけは橋本敬三医博の操体法の本を読まれたのがきっかけだそうですね?
先生 そうそう「万病を治せる妙療法」という不思議な本を読んだ途端に私は治療師になってしまった。それまでは自分に向く仕事がなく困っていたんだが。(笑い)大げさでなくその本は私の人生を変えた一冊だ。
記者 橋本敬三先生は医者でありながら東洋医学や整体を学ばれ、一生その研究と実践に情熱を注がれた方ですね。
先生 私は橋本先生には一度しかお目にかかったことはないが、弟子と自称している。(笑い)さて橋本先生のライフワークである操体法は大正時代の高橋みちお先生の正体術の簡略版だ。正体術はその後うまく伝わっていないので、幻の正体術と言われている。私は高橋先生とは本の中でしか会ったことはないが、また自称弟子である。
記者 凄いですね。会ったことがないのに弟子になってしまうとは。そうなると他の先生の弟子にもなってませんか?
先生 勘がいいね。大正昭和と活躍された日本一の鍼灸師、澤田健先生の自称弟子である。またもや本の中でしか会ったことがない。澤田先生のおかげで東洋医学の基礎を学べたし、特にお灸の太極療法には感心した。
記者 なるほど、先生の温灸のやり方は五臓六腑全部を治すといわれる澤田式なのですね。
先生 私はお灸ではなく温灸で澤田式を実践しているが、澤田先生の言われるとおりに抜群に効くのには驚きだ。他の本の通りにしても、これほどは効かない。私の治療では温灸は薬の役目を果たす。ただ温灸だけでの治療であれば毎日すえる必要がある。薬的効果だから根気良く何ヶ月もしていれば胃潰瘍も治るかもしれない。
記者 でも先生の場合は胃潰瘍でも一回で治ることがありますね。それはどうしてでしょうか?
先生 温灸は薬だから胃潰瘍は一回では治らない。私の治療は温灸と操法と念力だから、操法や念力が効くのだ。
記者 操法とは橋本先生の操体法ですか?私が操体法の本の写真やDVDで見たのとは全然違うスタイルですが?
先生 操法は操体法が一部入るが大分違う。例えばうつ伏せで片方ずつ膝を曲げる時、硬い方があれば操体法ではゆっくりグーと伸ばさしてスポッと力を抜かせる。そうしたら最初よりは曲がるようになる。操法では全身同時に矯正するので、あとで膝が曲がるようになったのに気がつく。また念力では頭か腰の念力受信ポイントに0.1秒念を送信すれば膝が曲がるようになる。言葉では信じにくいだろうが、念力を受けてみたらすぐ信じる。
記者 それはもう私は信じています。いつもスクールでモデルになり、膝が曲がるようになったり、余計に曲がらなくなったり先生におもちゃにされていますから。(笑い)膝だけでなく首肩や腰も一瞬に悪くされてしまいます。
先生 「私は思うだけで相手を良くも悪くもできる!」と言い切っているのに、患者さんで私を怒らせる人がいるのは摩訶不思議だ。私の力を知ればそんな失礼なことはできるわけないのだが。(笑い)○○には分からん。
記者 おおっと禁止用語が出ましたね。先生の念力は距離も関係なく効きますからね。それに先生の念力は意識的にされる場合と無意識の場合もあるみたいです。遠隔治療ではその能力が最大限に発揮されて、先生がその人の困った状態を見たり聞いたり、知った途端に助けようとする力が働くのでしょう。
先生 遠隔治療の説明までしてくれて有難う。私の対面でする念力の実存と効果を知れば、遠隔治療ができることに疑いを持つ人はいない。ただ私の力は謙虚で素直で欲張りでない、曇りが少ない人にしか見えない。
記者 ようく分かりました。今まで先生の力を分からない人が多く、なぜだろうと思っていたのですが謎が解けました。
先生 さてここで最初の操体法の話に戻ろう。操体法はからだの歪みが痛みや病気の原因と考え、歪み直しのテクニックである。その真骨頂は膝裏のコリをとるやり方だ。膝裏の中心には委中という腎膀胱経のツボがある。委中は腰背は支配するツボであり、橋本先生はこれを緩めれば全身の不快症状の60%は消えると言われた。
記者 ぎっくり腰が3秒で治ると言われたツボですね。中国では太い鍼を打って血を出し緩める瀉血という方法ですね。
先生 整体では膝裏をぐいぐい強く痛く押して緩めるやり方もある。それが操体法だと脚や腰の動きで瞬間に緩める。私は歪みとりは操法か念力でうまくできるのだが、膝裏のコリだけは操体法でなければとれなかった。30年間操体法で委中を緩めてきたが、最近念力でできるようになった。これは私の中では奇跡である。例えば1年前に膝裏のコリが念力でとれるという先生がいても私は絶対に信じなかっただろう。
記者 それほど膝裏のコリをとるということは重要で難しいことなのですね。先生に膝裏を緩めてもらっただけで全身が軽くなりますね。以前先生が話されたことを思い出しました。70代の女性の膝裏を緩めたら20年来の腰痛が瞬間に治ってしまったと。さらにその方はやはり何十年も便秘で薬を飲まないと出なかったのに、それっきり快便になってしまったと。先生にもっと早く出会っていればよかったのにと言われたと。
先生 よく憶えていたね。ただその話には落ちがある。その方を治療したのは私が治療を始めた頃で、それ以前は治療はしていなかったので「早く出会っても治ることはなかったよ」と話し、お互い大笑い。さてさてその様に膝裏のコリをとることは素晴らしいと皆様に知ってもらいたい。そのコリは人間の業の溜まる所とも言われている。


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。