Healing Space News

『えっ!先生の写真が効くの?』2010年04月分

記者 治療で先生の写真を体に当てると効く〜という体験をされた方が多いですが、本当に不思議です。
先生 今年になってから、私の胸を相手の背中に当てると効果があることを発見した。さらにもしかして写真でも効くかもしれないと思い、やってみたらこれも見事に改善する。それから当て方を色々実験していくと、以前から治療に使っていた体の7つのチャクラが写真を当てるポイントに適していることが分かった。
記者 写真だと色々な所に当てられるから使いやすいですね。写真を当てると、どういう風に効果があるのですか?
先生 その人のエネルギーが不足しているチャクラに、私のパワー写真を当てると弱っているチャクラが元気をとり戻す。その人の表面意識では感知できないが、潜在意識では私の情報パワーを認知できるので効果がでる。
記者 よろよろ回る扇風機をとんとん叩くと、よく回るようになりますね。(笑)チャクラもその扇風機に似ていますね。写真は「当てて効く観音堂お札」として世界中に広がるでしょう。ただどこに当てるかの判断が難しそうです。
先生 その判断は私に任せればいい。適応するチャクラポイントに写真を当てると首の動きがよくなる、すなわち首肩のこりが楽になる。あるいは立っての前屈や後屈が楽になる。私が治療の最初に行う脚振りダウジングもすいすいになる。とにかく体によい情報や物質が適応するポイントに当たると全身の筋肉がリラックス。同時に内臓、神経、細胞にまで効果が及ぶ。逆に悪い情報や物質が当たると、ストレス状態こりこりになる。
記者 なるほど。体のこりや体が硬いのは、自分に合わない悪い情報を浴びたり、合わない物質が近くにあるからですか。先生の写真は万人に合ういい情報を出しているのでしょう。でも当てる場所を選ばないと。
先生 当てる場所の発見も必要だが、写真の向きも大事だ。例えば胸のチャクラエネルギーが弱い人がいたら当然胸の真ん中か、同じ高さの背中の部分に観音堂お札を当てる。その時写真の先生を頭を上にして当てれば効く。さかさまにして当てると効かないか、もっと悪くなる。裏返しにして当てても効かない。
記者 それは実験で見せてもらいましたが、本当に不思議です。まるで体にも目があるように反応します。
先生 後ろから相手に写真を見せないで実験しても、さっき話した通りになる。人間は二つの目以外にも、皮膚に情報に反応する目のようなセンサーがあるのだろう。私の写真は相手の肌に触れなくても、洋服の上から当てるだけで効く。洋服くらいは透過できるのだろう。長く当てても大丈夫だからスコッチテープで貼るといい。
記者 先生の写真は「観音堂お札」として受付に展示してありますが、如何程で譲って頂けるのでしょうか?
先生 2,100円でお分けしている。ただ治療を受けた方か、遠隔治療を依頼された方にしかお分けできない。撮影、プリント、ラミネート加工まで私がすべて行うので、念入りな写真になっている。私の分身と言える。
記者 先生の分身では写真をおろそかにしたら罰が当たりますね。観音堂お札を持っていれば先生の分身から治療を受けられるのですね。またお安く譲って頂けて有難いことです。「一家に一枚観音堂お札」ですね。
先生 これはこれは宣伝までしてくれて有り難う。君には一枚ただであげとこう。(笑い)お札を持っていれば私とのラインがつながる。体に当てるだけでなく、時々写真を見れば良いことがある。
記者 でも写真を当ててすぐ効く、楽になるという話は聞いたことがありません。本当に先生は不思議なことを次から次に考え出されますね。この前はAUMと唱えれば楽になるということでした。先日も患者さんが「右肩が痛くて寝れんかったが、朝先生に電話した途端に楽になった」と。これは先生の声にヒーリング効果があるヴォイスヒーリングですね。またこの方は来院してベッドに横になった時「まだ何も治療をうけてないが、もう楽になった」と言われました。これは先生と会っただけで効果が出る「先生のおそばヒーリング」です。(笑い)
先生 そういえば以前にもそういう方がたくさんおられた。「先生に電話するだけで癒される」。「会ってお話しするだけで治療は受けなくてもいい」。「観音堂の近くを車で通るだけで効果がある」。そういう方のために写真はある。
記者 先生は治療の時、相手の弱いチャクラにエネルギーを充電してありますね。それはどういうイメージですか?
先生 例えば胸のチャクラにエネルギーを送るとしよう。まず光エネルギーだから色を選定。緑かピンクかをダウジングで判定。緑だったらまぶたの裏に緑の光をイメージして、それを左回転させる。3呼吸1分くらいで十分満タン。
記者 その結果からだ全体が楽になるのですね。膝裏のこりも柔らかくなり、消えてしまいます。そのような効果がこんどの観音堂お札にはあるのではないですか?
先生 私ではなく分身なので具体的な診断はできない。ただそれなりに助けるようにプログラムしているので、少しはお役に立てると思う。写真を体に当てる場合「観音堂先生お願いします」と思えばなお効果があるだろう。
記者 まずは先生に診断治療をしてもらい、写真をどこに当てるかを教えてもらわないといけませんね。患部に当てる物ではないですから。痛いところに貼るサロンパスやエスパーシールとは異なる物ですね。
先生 そうか、私の写真が本当のエスパーカードかもしれないね。たくさんの人達に、このお札が効くことを実感してもらい、写真でも効くのだから、本体である先生はもっと効くぞと思ってもらえば楽しくなりそうだ。


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。