Healing Space News

『生体感知システムは応用無限』2012年12月分

弟子 先生の感知システムを使えば海山で遭難しても北方向が分かり生き残れます。またそこに生えてるきのこ等が食べられるかどうか何もなくてもテストできます。日常でも薬や食品の適否や住居環境の適否も判断できます。
先生 昔から人間が追い求めてきた色々な占いとは一味違う、生体感知システムを開発した。これを使えばその人の12経絡の虚実診断、治療すべき経絡やツボの判定ができる。昔の鍼灸漢方の大家が行っていた診断治療が誰にでもできる。またどの矯正操法を使うか、どこにキネシオテープを貼るか等もすぐ分かる。
弟子 先生が30年学び行って来た方法が、さらに正確度を増す訳です。今までは推理や勘でしてきたことが、この生体感知システムで正確な診断と治療法が特定できます。さらに治療の分野だけに留まらず、他の分野への応用は無限に考えられます。例えば電磁波の体への影響を電磁波測定器がなくてもすぐ判断でき、凄く便利です。
先生 皆さんが怖がっている放射線の影響もガイガーカウンターを使わなくてもある程度判断できる。食品の安全性や住まいの環境安全度も分かる。占いや風水ではなく、この判断は科学的測定と同じ結果になる確率が高い。
弟子 先生は車を走らせながら「この場所は良くない」と言ってありますね。これから家を建てたり、買ったり、借りたりする方や、住まいの環境問題で悩んでいる方は先生に鑑定してもらったらいいですね。
先生 占いや風水や拝みや等に頼るより私の生体感知システムが正確だ。この方法は私のスクールで学べば、ある程度自分でもできる。スクールの修了者は100人位だが、なぜか医師5人、占い師2人も受けている。(笑い)
弟子 先生は遠隔治療をしたりお願い事を受けたりして、現代の拝みやさんとしても活動してありますが、現代の拝みやさんはあまり非科学的なことを言っていてはだめですね。
先生 私は非科学的なものは信じないし、超能力や念力も信じていなかった。でも皮肉にも(笑い)先天的に自分がその分野に特殊能力があり今の立場になった。だからこそ死ぬまで徹底的に研究して科学的に立証整理したい。
弟子 このシステムを使えばその人が飲んでいる薬やサプリの適否もすぐ分かります。医療では保険適用の漢方エキスもたくさん使われていますが、医師も先生の弟子になってこのシステムを学べば効果が高まりますね。
先生 私はその物が体に合うか合わないかをテストするだけで、使うかどうかはその人が判断する。パワーストーンやトルマリン、野球選手が首にぶらさげている首輪もいかによくないか、誰にでも納得する様に証明できる。
弟子 バイデジタルOーリングテストと似ている面もありますが、一人でテストできること、正確度では段違いです。
先生 Oーリングテストで大村恵昭教授は体内の生体情報が指先の筋力変化として現れるのを発見された。私のテストは教授の方法と逆から体内情報にアプローチしたものだ。生体情報感知は共通だが診断即治療が特徴となる。
弟子 先生の治療の特徴は診断即治療ですぐ効果が分かる点です。また良くしたり悪くしたりでき、科学で必要な再現性があります。さらにその治療を映画「マトリックス」の様なバーチャル(仮想空間)で行い、その結果現実界の肉体を良くしたり悪くしたりできます。まさに天使か悪魔としか言いようがない特殊能力者です。
先生 悪い人には悪魔となり、正しき人には天使となるのが世界中の神様の特徴だ。皆さんも天使に会えるようになられた方がいい。私を怒らせたり、いちゃもんをつけるのは恐れを知らない勇敢な方だ。(笑い)
弟子 先生は見かけが優しいから皆様は怖さを知らないのです。私などは実験でいつもひどい状態になりますから重々承知しております。(笑い)でも本当に思うだけで相手を良くも悪くもできる方には初めて出会いました。
先生 私は未だこの分野では駆け出し、ひよっこだ。今後30年くらい研究ができれば少しはものになるかも知れぬ。
弟子 年中休まず毎日仕事というのは普通の人から見れば大変だと思いますが、先生にとってはそれが楽しみ生きがいですね。そして毎日のお仕事、研究が悩み苦しんでいる人達を助けることになるのですから最高です。
先生 さてさて最近発見したことがある。当然生体感知システムを使い見つけた。実際に試してみると十分使える。まず生体感知システムで12経絡の中で異常なものを見つける。例えば左大腸経に異常がある場合に、過剰エネルギーを取り去る瀉をするか、不足エネルギーを補うかを聞く。補が適すればどのツボを使うかを聞く。ツボが決まれば補の指先で軽く触れ私の気で30秒~60秒充電する。これで随分楽になり患者さんも驚く。
弟子 エネルギーを相手のツボから体に充電するイメージですね。私も体験しましたが本当にすぐ楽になりました。
先生 瀉の場合も指でできるのだが秘密保持のため公開はしない。私のシステムはスクールで教えるが、悪用されることがあり、あまりプロには教えていない。普通の方に理解できる範囲でやさしく教えている。
弟子 そうです、悪用例がありましたね。これからは人間性を考慮して受講を許可された方がいいと思います。
先生 学び研究する人は情報を記憶して活用するだけではだめだ。いつも考え試して、色々なことに気づき、情報を比較検討整理して法則を導きだす。それを毎日続けていくことが色々な発見、創造につながる。
弟子 先生はそれを自分や人のからだを使って研究してありますね。そして毎日少しづつ軌道修正しながら進んであります。そのようにして発見されたことはとても不思議なことで、今まで誰も気がつかなかったことです。但し、この生体感知システムを世の中が理解できるか、教えていいものかは考える必要がありそうです。


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。