Healing Space News

『誰と話しているの?』2014年12月分

弟子 先生は脚振りダウジングや他の診断の時に誰かと話しておられますが、それは相手の潜在意識でしょうか?
先生 そう相手の潜在意識に聞いていることもある。また別の「人間ではない存在」と相談していることもある。
弟子 その「人間ではない存在」とはもしかして観音様ですか。(笑い)あるいは先生の潜在意識でしょうか?
先生 正確に言えば私が創造した観音様だ。(笑い)その辺にそそり立つ慈母観音やお寺の千手観音仏像ではない。
弟子 先生が創造した観音様と言うとおこがましいと思われますよ。ところでその観音様はどのような方ですか?
先生 私は宗教家ではなく哲学者だ。(笑い)貴女は笑っているがキリストは宗教家、釈迦は哲学者だ。そして私は釈迦に近い考え方をする哲学者。誰がどんな宗教を信じようが私には関係ないが例えばキリストを信仰する人達がいたとする。その人達はキリストを見たこともない。絵とか像を見て頭の中にキリストのイメージを創造した。100人の人がいれば100パターンのキリストが存在する。各人各様のキリストを創造したのだ。
弟子 なるほどそう言われればその通りです。皆様は自分で自分なりの神様仏様を創造しているのですね。
先生 釈迦は「死後に霊魂は存在しない」と言われた。また「自分の死後、髪の毛(釈迦はパンチパーマではなく長髪だった!)や骨を信仰の対象にするな。像を刻み拝むな」と言われた。それが今の仏教ではどうだろうか?釈迦の教えを守る宗派があるかは疑問だ。今釈迦がここにおられたらどのように言われるか想像すると楽しい。
弟子 ちゃんとした世界中の仏教学者は先生が今言われたことが釈迦の教えであると述べています。
先生 無神論者も有神論者も同じく自分が想像した世界に生きている。私は有神論者で、その人達が創造した神が存在するという立場だ。だから私は観音様を創造し、さらに私と共に働いてもらっている。まさに「働く観音様」が一緒におられる。他の人達の神様はお祈りをしても働いてはくれず棚から牡丹餅を待つのみだが、私の観音様は頼むとすぐ働いてくださるのでありがたい。また色々な問いかけに応じてくださる。
弟子 先生の治療を見ているとまさにそうですね。人間技とは思えません。神がかりです。だから治療を受けた方で心の目が開いている方は先生が普通の人間ではないことがすぐ分かります。一方目が開いてない人は仮に先生が釈迦やキリストであったとしても、そこいらのおじさんとしか思わず失礼な振る舞いをするでしょう。(笑い)
先生 まあそういう無礼者が多いけどね。(笑い)そういう人達はせっかくの治るチャンスを逃す。あの世ではなく実際はこの世にある三途の川を貴女を含め私が舟で進みながら「早くこの舟に乗りなさい助かるよ」と呼び掛けても反発してわざわざ苦しみの川を流れて行く。「それでは自分の選んだ道を行きなさい」と言うしかない。
弟子 毎日の治療を見ているとまさにその通りです。先生が横着、傲慢、無礼な人は救えないと言われる意味がよく分かります。先生に対し「宜しくお願いします、お委せします」の気持ちが大事ですね。ところで話は変わりますが最近先生は九字を切っておられる様に見えますが、これは真言密教や陰陽道の「邪気払い」でしょうか?
先生 あれは九字ではなく、十字を切っているのだ。(笑い)私はクリスチャンではないので不思議だろうが自然にこういう形でエネルギーの調整をするようになった。私の十字は神父のとは違い、はっきり即効果がある治療だ。「邪気払い」ではなく、その人のエネルギーを美しく変化させるオーラクリーニング俗に言う「お清め」。
弟子 先生はベティエンジェルを創造し治療を手伝わせてる位ですからキリストに縁がないわけではありません。神父さんか牧師さんになられた方がよかったですね。(笑い)さて治療の時相手に見える様にに十字を切られる場合と、見えない様に心の中で切られる場合がありますね。どちらも即座に効果が見えるのは凄いです。まるでキリストかエクソシストになられたようです。(笑い)
先生 本来九字を切る、十字を切る動作には重大な意義、秘密があったのだが古来から伝承されるうちに「まじない」になっなってしまった。十字は心をこめて相手の生体エネルギー、オーラを美しいよいパターンに変えるのだ。
弟子 先生の「クロスエネルギー」を受けると体が軽くなり跳び跳ねたい気分です。頭と目がすっきりして世の中が明るく見えます。重かった瞼が上がり、目がぱっちり開いた感じがします。
先生 それは治療を受けた方が言われる共通の感想だ。顔を洗いさっぱりした様な、目がさめた様な爽快感だろう。「あなたはその時天国にいる」と言ってもいい。(笑い)
弟子 そうですね。まさに天国気分です。これが感じられると今までの自分の体調が今一だったんだなと思えます。
先生 私もそう思う。自分のエネルギーをコントロールできるようになってからは毎日快調だ。だんだん若返り白髪も黒くなってきた。白髪をくやむ50代の女性患者さんが言っていた「白髪が治るならノーベル賞よ!」(笑い)
弟子 あれは可笑しかったですが、本心でしょう。私も白髪が増えて来たので先生の様に若返りたいです。(笑い)
先生 白髪は腎の弱りだ。腎が弱ると髪の毛も薄くなる。中耳炎、耳鳴り、難聴もそう。のどが痛いやどうかあるも。腰や膝、足裏が痛いも。指先や手や足の裏が荒れるのも。骨が弱くなる骨粗鬆や変形性膝関節症も腎の弱り。
弟子 皆様も思いあたることが多いでしょう。腎の弱りが老化の原因でしたね。先生の治療やヨーガは腎を回復させる奇跡的効果があります。足腰が曲がったり認知症にならないためにもクロスエネルギーで腎を強化しましょう。


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。