Healing Space News

『先生は神がかり?』2015年7月分

弟子 前回の話を読まれた方達は目をつむりお祈りをしながら、右手でふくろう地蔵の頭を触れてありますね。
先生 それは良いことだ。30秒ふくろう地蔵の頭に触れれば体全体がリラックスして、力が湧いてくる。
弟子 お家でもふくろう地蔵に触れたい方は先生に頼んで分身を分けてもらうといいですね。先生の念と写真が入ったふくろう地蔵が手元にあれば、皆様は朝晩右手を頭に載せて「おはようございます。行ってきます」「ただいま帰りました」とあいさつをされればご利益があります。(笑い)肩が凝った方は右手をふくろう地蔵に乗せて頭を左右に動かせば楽になります。足腰が悪い方はその場で足踏みを10回するといいですね。
先生 その通りだ。私も毎日その様にして体調を整えている。(笑い)貴女も来た時と帰る時、仕事の合間にもふくろう地蔵に手を乗せているね。(笑い)患者さんや付添いの人達も「いいですか」と言いながら手を乗せてある。
弟子 ふくろう地蔵の不思議な効果をどのように説明したらいいでしょうか?先生は宗教は嫌いだと公言してあるし。
先生 どんな宗教を信じるかは各人の自由だ。ただ見れば分かるように、宗教では頭痛、肩こり、腰痛、膝痛ひとつ治らない。膝が悪く正座ができない人はいくら神仏を拝んでも一生無理だ。私は手遅れになってない段階であれば治せる。また現代医学や東洋医学も優れている面もあるが、おおぼけをかましている面もある。(笑い)
弟子 先生は病院や治療院で治らない方達を治す役目なので、そう言われても納得がいきます。神様仏様、病院で治れば先生の出番はありません。先生は宗教家になりたくはないのですが、私から見れば神がかりです。(大笑い)
先生 確かに30代の頃から色々な人から神がかりと言われたことがあるな。(笑い)それは私の治療能力が不思議なもので、触れるだけで癒しができることや、その人の状態を知るだけでその人が遠方にいても私のことを聞いていなくても癒しが行われる能力を指している。ただ私は神様仏様には縁がなく自分で癒しを行う。
弟子 先生は念じることが祈りですね。神様仏様ではなく自分の心の中で念じられるという説明が一番良いでしょう。
先生 念じることで相手の体は変化することに気が付いたのは30年くらい前かな。少しづつ念力を使い、普通の治療もしてきたが本格的に念力の行者としてデビューしたのは5年前だ。(笑い)それからは毎日新しい発見がある。
弟子 最初は先生の写真を見ると癒されるということがありました。それで先生の写真をもってある方は多いです。次に七色のベティエンジェルを飛ばして治療をされました。さらに今度は母の日に買ってあげた可愛いふくろうとの出会いにピンと来られ、念と写真を入れふくろう地蔵としての役目を与え、人助けのお手伝いをさせています。
先生 ふくろう地蔵は私の分身である。だから私との人間関係がうまくない人が触っても効果はないし、罰が当たるかもしれんな。(笑い)いつも言っているだろう。私を怒らせる人を癒すことはできないと。
弟子 それは当然ですね。皆様は先生に触れることはできないので、分身であるふくろう地蔵に触って、挨拶やお願いをされるといいですよ。ご利益があるかどうかは普段の先生に対する態度で決まります。(拍手)
先生 心や体の調子が悪い時は東洋医学でいう気や経絡、西洋医学でいう脳波や脳磁図、ヨーガでいうオーラやチャクラの状態が正常ではなく乱れたパターンになっている。生体電流は細胞や神経等に流れている。死ぬと流れなくなる。脳死状態では一部の生体電流しか流れていない。生体電流の状態でその人の心や体の状態は決まる。
弟子 やっと分かりました。生体電流の乱れが、このふくろう地蔵を触ると改善されるのですね?
先生 よくできました。(笑い)生体電流の乱れを整えると頭痛、肩こり、腰痛、膝痛等も改善する。それだけでなくイライラ怒りっぽい短気の性格、うつうつ弱気怖がりの性格まで改善される。(笑い)生体電流の状態があなたの人柄、健康状態の根源である。生体電流の乱れを整えれば心も体も良い方向へ向かうことが分かったかな?
弟子 なるほど先生の治療こそが生体電流の調整ですね。うまく調整されると筋肉がリラックスし、体の歪みが矯正されます。そうすると体が軽く、気持ちがよくなり元気が出てくるわけですね。(笑い)
先生 生体電流を整えると体の歪みが自動的に矯正される。肩の荷が下り、体が羽が生えたように軽くなり、目の前が明るくなり、あたかも天国にいるとはこんなことかと思え、天国の疑似体験ができる。(拍手)
弟子 先生が常々言われている「生きたまま天国」ですね。(笑い)先生の所に来られる方の中には「生きたまま地獄」のように苦しんである方がおられますが先生と心がつながりができて治癒すると天国になりますね。(拍手)
先生 私が腎が悪いと言えば「病院に行ったがいいですか?」と聞くような人はこのペーパーを読んでないので、私と心がつながらない。(笑い)最重要な脚振り診断をしているのにぺちゃくちゃしゃべる人も同じ。(笑い)
弟子 ひどい状態の時だけ来て、あとは来ないのに、いつも来てると言い張る人も危ないですね。(笑い)
先生 逆に毎月1回でもきちんと大事に来てある方は私から大事にされるだろう。あと予約をしている人が今日は風邪をひいたから嘔吐下痢だから来れないと電話があると、こいつは何も分かっとらんぼけやなと思う。(笑い)
弟子 風邪発熱や嘔吐下痢はウイルスが原因なので薬は効きません。先生の腎の治療が最高に効くものです。(拍手)
先生 それを毎回のように治療の時に患者さんに話したり、このペーパーで話しているのにちくわ耳の人は素通り。


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。