№242

Healing Space News

『何とか水を飲んで健康になれるか』2016年7月分

弟子 前回は体の周りを回っているオーラが普段と違い、逆回転している人が多いというお話しでした。地殻の変動で熊本地震が起き、いつもとは違う電磁波が発生し、その影響で生体の磁場も影響を受けたのでしたね。でも最近はオーラの回転がいつものパターンに戻ってきたと先生は言われていますが、どうして分かるのですか?
先生 詳しくは秘密だから言えないが(笑い)私が相手に念力情報エネルギーを送り、その生体の反応を感じてオーラの流れを測定するのだ。巷には他人のオーラが見えるという能力者がいるが、それは思い込み妄想家。(笑い)
弟子 そうですね。先生にかかると霊能者や占い師予言者はこてんぱんですね。(笑い)オーラは目で見るものではなく感じるものだと説明されました。さて最近水素水はインチキ商品だという記事が出ていましたが、先生は以前からこの水が何にでも効くというのを信じる人は無知蒙昧だと。水素水、アルカリイオン水、パイウオーター、FFCウオーター、純水は有害無益とも言われました。皆様も何でも先生に尋ねられた方が安全です。(笑い)
先生 そうだ。ハイブリット車は買うな、ソーラーパネルを付けるな、オール電化にしてIH調理器を付けるな、高圧線や携帯電話のアンテナの近くに住むな、排気が汚い掃除機を使うな、加湿器付き空気清浄器を使うな、レーシック手術をするな、コンタクトをするな、ピロリ菌除去をするな、ビタミン剤やサプリメントを飲むなとずっと言い続けているが、馬の耳に念仏、貴方達の耳は竹輪耳か?(笑い)わざわざ危ないことをしたがる人が多い。
弟子 患者さんがアクアやプリウスに乗って来られると「あ!こりゃだめだ」と思いますね。(笑い)先生が治療されて患者さんが帰られる時、せっかく調子良くしたのに元の木阿弥ですからね。先生が治療して首や腰も楽になってからプリウスでそこいらを一回りしてして戻ってもらい、確かめてみるともうかちかちです。普段調子が悪いのは当然です。首肩が痛くてもお腹が痛くても、血圧や心臓がおかしくても調子が悪い時は体はかちかちです。
先生 その通り。よい説明だ。体がかちかちになると調子が悪い。体が重く、きつく、だるく、痛く、気持ちが悪い。逆に柔らかくなると体が軽く、疲れ難く、元気、気持ちが良い。毎日気持ちよく過ごせる人は幸せな人生だ。
弟子 私もそれを体験しました。先生の所に来る前はもうそろそろお終いかと思っていました。(笑い)それが今はパーマン2号として月1回しか休まず元気に活躍しています。(笑い)そしてどうしてそんなに調子が悪かったかが分かりました。皆様も先生に指導をお願いすれば体は快調になり、運命も好転するでしょう。(合掌)
先生 貴方達はその体、運命になるべくしてなっている。偶然は少ない。体調が悪い、あちこち痛い、病気だという人は乳幼児を除き、殆ど自己の責任でそうなっている。それを改善するには私の治療を受けるだけでなく、生活の改善指導を受けた方がよい。治りは一時的なもの、私の影響から離れ、自分の生活に戻れば元の状態に戻る。
弟子 ただし先生は余計なお節介はされないので、ご自分で指導をお願いされないとだめです。(笑い)治療の時先生はあまり説明はされません。それは説明をしても、なかなか理解できる方が少ないからです。(笑い)
先生 そうそう説明はこの対談でしているから良く読んで欲しい。そうしたら私が治療の時の脚振り診断でその人の体の情報を引き出し、これからの治療法を組み立てているのが感じられる。診断の時に腹を出したり、ぺちゃくちゃ喋ったりすることはなくなる。診断が正確でなければ治療は成り立たない。貴方達の運命は診断で決まる!
弟子 先生の治療はお灸やマッサージではなく、病院で治らない人を治す治療なので、受ける人達も先生を尊敬し委ねる気持ちが大事ですね。そうすると診断の時点で「ああもう軽くなりました」という現象が起きます。さらに治療に行こうと思ったり、予約の電話をした時点で軽くなります。その現象は先生の遠隔治療能力で起きるのです。全国各地から先生を信じて、色々なお願いが来ますが不思議なことがよく起きるのでびっくりします。
先生 私もびっくりすることがある。(笑い)実際に治療をしてもなかなか難しいような症状が、改善することは私にとっても奇跡である。(拍手)久留米で実際の治療を30数年してきてベテランになり、腕も上がって来たが、これは人間としての働き。遠隔治療はどういう状態かが分かれば相手がどこにおられてもすぐ出来る。それは相手の情報が分かれば、その人を私のイメージの中に呼び込みできる。相手は遠隔治療をしてもらっていることを知る必要もない。そして遠隔治療は人間としての仕事ではない。人間ではない観音堂としての仕事になる。(合掌)
弟子 それを分かられている方は先生に対する態度が違いますね。遠隔治療をお願いされる方は最初からそうです。先生はお願い事を聞かれる、読まれるだけで何もしないのに効果が出る場合が多いです。治療に来られる方は特に最初は態度がでかいのが多いのですが、治療が凄いのが分かると失礼なことは言わなくなります。(笑い)
先生 そりゃそうだ。(笑い)その人の一生続く苦しみを私しか治せない場合、私に頭を下げないとプレゼントは貰えない。以前から話している、瘤取り爺さん、舌切り雀、花咲爺、金の斧銀の斧などでは素直な人は素敵なプレゼントを受け、横着な奴は罰が当たることになっている。まさしく私の世界でも同じだ。感心するように同じ。
弟子 水のお話からおとぎ話まで脱線気味に進んで来ましたが自分の言動が自分を形づくり、また良かれ悪しかれ自分に返ってくるというお話ですね。治療は受けるだけで解決することではなく、生活を見直す必要があります。
先生 私の治療を受けるだけでなく、自分もどうしてそうなったかを考えることで改善の道が開けて来る。(合掌)


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。