Healing Space News

『タナカ先生は傲慢か?』1996年11月分

記者 ヒーリングスペースて何?という人があると思いますので皆様に分かるようにご説明下さい。
先生 (1)現代医学、東洋医学、宗教、超能力で治らない人を治す治療所。(2)自分の体を自由にコントロールして自由自在の心になるタナカ式ヨーガの道場。貴方達の病気、悩みが他で治らぬ時解決できぬ時私の所ヒーリングスペースへ来ればよい。さあみんなどんどん悩み苦しめ、そして人生迷路の出口である私のもとへ来れ!そこで貴方達は生きてることは天国だと理解する。貴方の幸福の青い鳥を見つけよう!
記者 また誤解されますよ。先月号もあの先生は威張っていると評判でしたよ。
先生 私をただの整体師とかヨーガの先生と思うから威張っていると思うのだ。私は医者神様仏様キリスト様が治してくれない人を治すのだ。毎月の記事を読んだ人はその後私と会うと驚く。何と誠実で優しく頭が低い先生なの!写真より実物がずっといいわ?(笑)私は大臣も東証一部上場の会社社長も医学部教授も治療したが、そんな偉い人にも庶民にも変わらぬ丁寧な言葉、態度で接する。
記者 私はよく分かってますが先生が誤解されるのは残念です。
先生 ある人が以前から変わった先生がいると、くるめすたいるや西日本新聞の私の記事や広告をスクラップしてたそうだ。その人が私の妹に「この先生貴方のお兄さんじゃない?顔がそっくりよ」と言ったそうで妹は何故かショックを受けた(笑)その人は医大の先生の夫人で私の記事を読むうちに、傲慢で変人に見えたタナカ先生が実はこの世では珍しい本当のことを話す人だと気がついた。その人の夫である医大の先生も私の記事を見て「これだけはっきり言うからには相当自信があるんだろう」と言った。この人達は偉い!人を見る目がある。
記者 隠れたファンですね。ところで最近はどんな人が治療に来てありますか?
先生 てんかん、脳腫瘍、各種の癌、多発性筋炎、耳鳴り、難聴、発育不全、夜尿症、自閉症、うつ病、子宮内膜症、不妊症、頚椎症、腰椎ヘルニア、アトピー、喘息、難治性皮膚炎などありとあらゆるどこへ行っても治らない人が来ている。
記者 50肩をおまけで治した話をして下さい。
先生 私の所に難病の婦人が治療に来ていた。付き添いのご主人は50肩で病院に2ヶ月毎日行くがなかなか治らぬそうだ。50肩がすぐ治る病院や治療院があるわけがないのだが普通の人は知らない。私は公開教室では50肩の人が来てると超能力よりすごいぞと笑いながら30秒で肩に触らず無痛で治す。ある日ふと難病の奥様をかかえたご主人がかわいそうになり無料で治した。1回で手が上がったご主人は私を深く信じたそうな。
記者 TVでタモリが自分の50肩がいかに治りにくかったか話していましたね。東京でも治せる先生は少ないのですね。
先生 私の他にも治せる先生はいるだろうが少なかろう。だから高塚光が大槻教授の50肩を治した位で大騒ぎだ。高塚は4分かかったが私は30秒だ(笑)


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。