Healing Space News

『サリーちゃんのパパ』1996年12月分

記者 電話お問い合せが多いでしょう?
先生 多いが私はあまり電話に出ない。相手が電話でいろいろ症状を言うと治ってしまうことが多く商売にならんからだ(笑)
記者 その現象は不思議ですね。相手の症状を聞くことでヒーリング(癒し)が行われるのですね。
先生 この能力をもつ人は歴史上たまにしか現れない。1994年1月私は自分のイメージだけで自分の体を自由に矯正出来るのを発見、さらに恐ろしいことに他人の体もイメージだけで矯正出来ることを発見した。
記者 普通の超能力みたいに手をかざさずですか?
先生 手をかざさず言葉もかけず相手に知られずに私が思うだけで矯正する。
記者 先生は心で思うだけで矯正し痛みや病気を治されますが、他の超能力者、気功や手かざしなどはどうやっているのでしょう?
先生 それぞれ屁理屈があるだろうが真実はひとつ。痛みや病気が治るには現代医学でも東洋医学でも超能力でも宗教でも次の現象が起きねばならぬ。まずどんな治療でも治るためには人体の構造力学的歪みがとれ、感覚異常が改善気持ち良くなり、機能異常も改善体の各部の働きが良くなり病院の検査結果も改善、最後に器質異常、破壊が修復される。心の歪みが体の歪み、それこそ万病の原因、歪みを治せば万病は治る。
記者 ではこのへんで皆さんお待ちかねの実例をどうぞ。
先生 不妊症。私の所へ来る婦人は医大、聖マリア、セントマザーの患者。1人は43才子宮内膜症、今まで妊娠したことなし。病院では生理を半年止める治療を勧められるも拒否、私のもとに。すぐ妊娠現在8ヶ月。1人は33才排卵誘発剤を2年でやめ私のもとへ、数回で妊娠来年出産。2人とも妊娠中も時々治療に来る。
記者 私も楽しくなります。もっとどんどんいろいろな例を話して下さい。
先生 年末大サービスといくか。整形の看護婦が昼休みに私の所へ椎間板ヘルニアの人を連れて来た。5回で治癒。胃潰瘍の入院患者がタクシーで治療に来た、6回で3年ぶりに太った。整形のコンピューター牽引機で椎間板ヘルニアになった人7回で治癒。医大先生の狭心症的心臓神経症1回で治癒私の弟子になる。自彊術の先生スクーターで転倒左肩を打ち両手が後頭で組めない、1回で治癒私の弟子になる。医大の先生頸椎ヘルニアで左腕ブラブラ痛みはないが力いらず全く上がらず手術待ち、4回で治癒。歯科大理事首肩痛く遠方から、1回で治癒その奥様ヨーロッパ旅行中顔面神経マヒに、マスクをかけて来たが帰りは外して帰った。12年前日本一のスポーツクラブ、ザ・スポーツコネクションのオーディションで支配人のギックリ腰、課長の寝違えを数秒で治療、見ていた30人がさくらだと大騒ぎした。足首捻挫6日経過踵をつけずつま先でやっと歩く、整形は2ヶ月かかるという、その日から踵をつき歩き正座もできたが回りの人は誰も信じないとさ。私の娘はサリー、サリーちゃんのパパは魔法使いさ(笑)


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。