Healing Space News

『何回で治りますか?』1997年2月分

記者 先生はいろいろな痛み病気を治療されていますが何か面白い話がありますか?
先生 電話での問い合わせで自分の症状をしゃべり何回で治りますかと聞く人がいる。
記者 患者さんとしては経済的な問題もあるし是非聞いておきたいことですね。
先生 ムチウチ、50肩、座骨神経痛ならば4〜5回で治るが、椎間板ヘルニア、頸椎ヘルニア、胸隔出口症候群、脊椎間狭窄症などはもっと回数がかかる。ほとんど治るが100%ではない。そういう難しい症状はどうせ他では治らないのだから治るかどうかが重要で何回かかるかは問題ではない。
記者 先生が時々公開教室で30秒で治す50肩でさえ他では簡単には治りませんね。
先生 ここで皆様にはっきり言っておく。50肩をその場で治せる人は世界中めったにいない。私がTVで見たのも指回し健康法の栗田昌裕先生と超能力の高塚光の2人だけだ。病院、治療院を何件も回ったがなかなか治らないという人があるがもともと50肩をすぐ治す所はないのだ。1年半〜2年して時期がきて治ったのがほとんどだ。
記者 先生が50肩を1回で治されるのを見ましたが皆様1回で治るのですか?
先生 冗談でしょ、1回で治してたら商売にならん(笑)公開の場では私のハンドパワーが他の超能力者より高級なことを見せるために1回で治す。普通は5回位。2回目位に一時痛みがひどくなることがあり治療に来なくなる馬鹿がいる。3回目で治るかもしれんのに(笑)
記者 じゃその人は1年痛いでしょうね。先生を信じないので損しましたね(笑)
先生 50肩はほっとけば時期が来て治るからいいが私の所以外では一生治らぬ症状病気の人が私を信じられず治療を止めた場合自業自得とはいえかわいそうだ。
記者 先生の治療能力はハンドパワーですがもう一つの能力を説明して下さい。
先生 私のハンドパワーヒーリングは手のひらを使う気功と違い指先を使う。気功よりスピーディで10秒指先から気を出し治す。ギックリ腰でも腹痛でも内臓病でも同じ。ハンドパワーでも半分の人は信じないがもう一つの能力はもっと信じにくい。マインドパワーヒーリングといいエドガーケイシーのいう超意識、ユングのいう集合意識、テレパシー、若者が好きな超能力や念力、霊的能力とでも言いましょうか(笑)
記者 具体的にはどういう現象でしょうか?
先生 例えば貴方が私に悩んでいる症状を話す。電話でも同じ。すると私の潜在意識が勝手に治療法をイメージ。それがテレパシーで遠く離れていても相手の潜在意識に届き治りだす。面白いことに貴方が私の知らない貴方の友人の症状を電話で話しても治りだす。
記者 だから先生の所は電話での相談は受けないのですね。
先生 電話で治ってしまうのでお金が貰えない。私の家族は暮らしていけない(笑)
記者 それは困りましたね。電話で場所の問い合わせが多いそうですから一言。先生の治療所は宮の陣駅のホーム沿いです。電話では予約だけにして相談しないようにお願いします(笑)


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。