Healing Space News

『ヒーリングとは』1999年1月分

記者 タナカ先生今年もお手やわらかにお願いします。
先生 このコーナーも32号になる。毎回読んでるファンのためにさらに面白くするゾ。
記者 さて先生のヒーリングとはどんなものですか。
先生 キリストが病人を癒したことをヒーリングと言う。
記者 世間では心のふれあい、やすらぎ、体にいいものとか?
先生 世間のヒーリングは癒しい(笑)愛とか優しさを売り物にした悪徳商法だ。百人中99人はそれにだまされるだろう。私の声を聞き本物を見極める眼をもて!
記者 手きびしいですね〜。でも悩める人は愛情、優しさを求めています。
先生 私の愛はきびしい父の愛だ。人の悩み苦しみ病気は殆ど自分の生活に原因がある。私はそれに気づかせ悔い改めさせる。病気を治すと言うより叩き直すのだ。
記者 先生は他の超能力者や宗教をお嫌いですね。
先生 ウソつきが嫌いなだけ。超能力の中で最高のものはスプーン曲げや透視や人を気で飛ばす力ではないゾ。病気治しこそ超能力の最高段階だ。病気治しができぬ超能力者、教祖は何の役にも立たぬ人を惑わす蚤。
記者 ユリゲラーやミスターマリックは超能力者では?
先生 彼らはマジシャンだ。治療はできぬしょうもないショーマン(笑)さて貴女にとって一番大切な物は?
記者 やはり命、健康です。
先生 そうだ痛み苦しみ病気は誰でもイヤだな。では宗教の役目は何か?
記者 人を悩み苦しみから脱却させ安心立命の境地に。
先生 貴女も少しは分かってきたな。悩み苦しみとは病気のことだ。心の問題も含め。宗教の役目は人の一番大事なもの心身の健康を守ること!それができぬ宗教は屁のつっぱりにもならぬ。
記者 病気治しをする宗教もありますが大きな宗教ほど病気は病院にと教えています。
先生 お笑い草だ。病気を治せぬ教祖は権力と金もうけの権化にすぎぬ。天罰!
記者 心と病気の関係は?
先生 心身同体。体の調子により心の状態は決まり、心の状態により体は変化する。
記者 プラスイメージについてはどうお考えですか?
先生 体の調子が悪い時プラスイメージはもち難い。体の調子をよくすれば即プラスイメージ。イメージだけでは病気は治せぬ。私の所で病気が治ったら自然にプラスイメージ運命もよくなる。体を治せば心も治る。
記者 先生は病気の治療だけでなく最近は相談を受ける仕事を。進路や運命など?
先生 病気治しは一里塚。私も一生治療では退屈。私の使命はまず何処へ行っても治らぬ病気を治してあげて説教し(笑)正しい道へ。
記者 病気が治らぬことも?
先生 私は悔い改めぬ人は救わない。神の道に反する。
記者 治らなかった人は先生の言う事を聞かなかった?
先生 わがままな人傲慢な人を私は嫌いだし神も救ってはいかぬと言う。
記者 どんな神様が仰せに?
先生 貴女の前にいるヒゲをはやした神様(大笑)
記者 素敵な神様だこと。先生の治療を見るとキリストの癒しが作り話でなく真実だったと信じられます。
先生 そうだろ私でも奇蹟は起こせるのだからイエスはもっと起こせたろう(笑)
記者 先生はイエスみたいにならないのですか?
先生 同じ能力があっても私は違う生き方をする。私は真剣に救いを求める人のみ癒し後は高みの見物(笑)


<注>検索サイトからこちらのページに来られた方で、メニューが表示されていない場合はこちらを押してください。